結果カウンセリング
タイミングにもよりますが、早ければ2週間ほどで結果がでます。
現在、アメリカに検体を送って検査してもらう都合上、発送のタイミングなど色々とあるみたいなので、採血の日・時間などによって前後してくると思います。

私の場合は、採血の予約をした際、同時に二週間後に結果のカウンセリングの予約もしてもらいました。

続きを読む

スポンサーサイト




結果が出るまでの過ごし方。
あっけなく検査自体は終わってしまうので、今ひとつ実感がわかなかったというのが正直なところです。
ただ、確かに自分の血液はアメリカに送られて検査中。

考えれば考えるほど、ネガティブなほうに思考が流されてしまいます。
続きを読む


いよいよ血液採取。
カウンセリングの翌日に予約できたので、採血に行きました。

まずは産科外来で受け付け。
続きを読む


遺伝カウンセリングの内容は?
NIPTを受ける為に必須のカウンセリング。

基本的には、旦那様と一緒に受けるのがベターです。

ご夫婦ですでに意見が固まっていれば、妊婦さんのみ受診でも大丈夫です。
ただ、旦那様も一緒にカウンセリングを受けた方が、妊婦さんの精神負担も少ないし、何かあったときにも「夫婦で決めたことだから」と妊婦さん一人で背負い込むことがないと思いますので。

特に「うちのダンナ、よく理解してないんじゃ…」という場合は、必ず連れて行くべきです。

ちなみに、私は一人で行きました……。
病院に確認したところ、「一人でも大丈夫ですよ」とのことだったので。
とはいえ、当日お見かけした方は、皆さんご夫婦おそろいで、大変心細い思いをしましたが……。
続きを読む


まずは出生前診断カウンセリングの予約をとることから。
まず、以下の条件を満たしていないと、NIPT自体が受けられないのでまずは確認を。
・高年妊娠(分娩予定日に35歳以上である)
・13,18,21トリソミーのお子さんを妊娠あるいは、分娩したことがある。
・赤ちゃんが上記の障がいの可能性があると指摘されている

どれか一つでも当てはまれば、希望さえあれば検査可能です。
続きを読む

Copyright © 新型出生前診断(NIPT)体験レポート. all rights reserved.